佐藤 太樹(さとう たいき)

1990年生まれ 神奈川県出身 東京都在住

幼少期よりクラシックピアノを演奏。
大学時よりバンド活動と並行し、自主映画の劇伴をきっかけに映像音楽の制作を開始する。
美学校(東京都千代田区)等で、映像における音楽の効用について学びを深め、現在では映画やドラマ、舞台作品の劇伴のほか、広告音楽など幅広く手がけている。

映像音楽の制作においては、作品のテーマや演出について深く掘り下げていき、ジャンルを問わず多彩なアプローチを行います。
決して汎用的ではない「この作品にはこの音!」と思えるサウンドづくりを心がけています。

【主な実績】

・映画『彼は月へ行った』音楽担当

・映画『見栄を張る』音楽担当(劇伴は3名で分担)

・映画『十年 Ten Years Japan』-『その空気は見えない』音楽担当

・映画『21世紀の女の子』-『恋愛乾燥剤』音楽担当

・ソシャドラ『僕なら、泣かせたりしない』音楽担当

・ADKクリエイティブ・ワン『A BATTLE WITH HAY FEVER』

・舞台『絶唱サロメ』一部BGM制作

・テレビ東京『知らない人んち』劇伴(※チーム制作)

・テレビ東京『100文字アイデアをドラマにした』劇伴(※チーム制作)

・TOKYO MX ドラマ『スイーツ食って何が悪い!』劇伴

・すき家「とろうま豚中華丼」WEB CM

作曲のご依頼はこちらから

法人でのお取り引きも可能です。

https://curry-gs.jp/creator/sato-taiki(クリエイターチーム CURRY)